2005年05月30日

寄田先生セミナー

コンベックス岡山で寄田先生のセミナーがあったので行って来ました。
他にフリーランスの衛生士と経営コンサルタントの方、3人でのセミナーだったのですが、はっきり言ってあとの二人はあまり感じるものがないという感じでした。
寄田先生のすごいところは、期限を決めて予定どおりやっていくことです。それにしても3年で1億円の収入アップというのは驚きです。

1、目標(マイゴール)の明確化
2、イメージング
3、モデリング
何でも根本は同じです。これをやっていくかどうか、とてもシンプルですね。
また問題が起きたらシステムを変えることで2度と起きないようにしてしまう。これもすばらしい。同じことが繰り返し起きているとしたら、システムを変えるのが一番の解決。頭の良さを感じます。

以前見学に行ったときに待合室においてあった、「ウェルカムサロン誕生秘話」がついに日の目を見たようだ。ついにこのネタを出してきたか、という感じだが、ちょっと反則技ですよ。これは・・実は私も読んで少しうるうる来た一人。
自分の弱さをさらけ出す、親子の情に訴えるという手法は小冊子を作る際には有効な手段であるようだ。参考にさせていただこう。

コンサルタントの人の話で千葉の先生というのはおそらく康本先生のことだろう。相変わらずどんどんチェアーを増やしているようだ。横浜にも300人/日、ドクター20人というすごい医院があるそうだ。駅からの送迎つきというのもすごいね。発想を変えればまだまだいろいろな可能性があるということ。
posted by も〜くん at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寄田先生セミナー

コンベックス岡山で寄田先生のセミナーがあったので行って来ました。
他にフリーランスの衛生士と経営コンサルタントの方、3人でのセミナーだったのですが、はっきり言ってあとの二人はあまり感じるものがないという感じでした。
寄田先生のすごいところは、期限を決めて予定どおりやっていくことです。それにしても3年で1億円の収入アップというのは驚きです。

1、目標(マイゴール)の明確化
2、イメージング
3、モデリング
何でも根本は同じです。これをやっていくかどうか、とてもシンプルですね。
また問題が起きたらシステムを変えることで2度と起きないようにしてしまう。これもすばらしい。同じことが繰り返し起きているとしたら、システムを変えるのが一番の解決。頭の良さを感じます。

以前見学に行ったときに待合室においてあった、「ウェルカムサロン誕生秘話」がついに日の目を見たようだ。ついにこのネタを出してきたか、という感じだが、ちょっと反則技ですよ。これは・・実は私も読んで少しうるうる来た一人。
自分の弱さをさらけ出す、親子の情に訴えるという手法は小冊子を作る際には有効な手段であるようだ。参考にさせていただこう。

コンサルタントの人の話で千葉の先生というのはおそらく康本先生のことだろう。相変わらずどんどんチェアーを増やしているようだ。横浜にも300人/日、ドクター20人というすごい医院があるそうだ。駅からの送迎つきというのもすごいね。発想を変えればまだまだいろいろな可能性があるということ。
posted by も〜くん at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月25日

Dr.HIRO山本先生セミナー

PICT0171+.JPG

今日は高松で同級生の山本先生が講師のセミナー。7時50分にスタッフが来るので何とか身支度を済ませる。茶屋町にはまず8人が集合。ひまわりの3人がぎりぎりで現れて11人。児島でK藤さんが合流して12人。高松でマーメイドが合流して合計15人の大移動となった。

山本先生はさすがに講演慣れしていて落ち着いていた。言葉も分かりやすく事前に数回のセミナーで予習していたのでうちのスタッフもだいたい分かったのではないだろうか。スライドは結構凝りまくっていた。あのヘタウマのイラストが彼の自筆とは・・海外の雑誌も相当数定期購読して目を通しているようだし、長年の勉強の積み重ねはすごいものだ。頭が下がる。

結局、彼は自分が思い描いていたイメージに自分を追い込んでいったんだろう。それは私にしても同じかもしれない。思ったようになる、その好例だ。それにしても彼の講演を聞いて働きたいと慕って集まる衛生士だから働きやすいだろうね。ストレスの質が全然違うんじゃないかな。そういえば「夢であいましょう」見ましたよ。矢田亜希子いいね〜。でもどちらかというとお父さんの方に感情移入してしまうのはどうしてでしょうか?

話を戻すが、「ペリオの専門医」を自称するにはあれぐらいやらないとだめだね。うちもやるべきことをちゃんとやっていこう。一応皆の理解が得られたのでそろそろデネットシステムを導入してもいいころだろう。
posted by も〜くん at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ペリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Dr.HIRO山本先生セミナー

PICT0171+.JPG

今日は高松で同級生の山本先生が講師のセミナー。7時50分にスタッフが来るので何とか身支度を済ませる。茶屋町にはまず8人が集合。ひまわりの3人がぎりぎりで現れて11人。児島でK藤さんが合流して12人。高松でマーメイドが合流して合計15人の大移動となった。

山本先生はさすがに講演慣れしていて落ち着いていた。言葉も分かりやすく事前に数回のセミナーで予習していたのでうちのスタッフもだいたい分かったのではないだろうか。スライドは結構凝りまくっていた。あのヘタウマのイラストが彼の自筆とは・・海外の雑誌も相当数定期購読して目を通しているようだし、長年の勉強の積み重ねはすごいものだ。頭が下がる。

結局、彼は自分が思い描いていたイメージに自分を追い込んでいったんだろう。それは私にしても同じかもしれない。思ったようになる、その好例だ。それにしても彼の講演を聞いて働きたいと慕って集まる衛生士だから働きやすいだろうね。ストレスの質が全然違うんじゃないかな。そういえば「夢であいましょう」見ましたよ。矢田亜希子いいね〜。でもどちらかというとお父さんの方に感情移入してしまうのはどうしてでしょうか?

話を戻すが、「ペリオの専門医」を自称するにはあれぐらいやらないとだめだね。うちもやるべきことをちゃんとやっていこう。一応皆の理解が得られたのでそろそろデネットシステムを導入してもいいころだろう。
posted by も〜くん at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ペリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月17日

健康とは?

口腔衛生学会誌をながめていると巻頭言におもしろいことが書いてあった。

『Nordenfelt L.(1995)は人が健康であることを「当人の最重要な目標(Vital goals)を成就する能力」としています。また、人の最重要な目標とは「人の最小限の幸福(Minimal Happiness)にとって必要な状態」としています。その結果、人が健康であることはその人の最小限の幸福を実現する能力を持っていることとまで言っています。』どうも分かりにくい訳だ。
要するにこういうことだろう
健康→最重要の目標→最小限の幸福 (矢印は必要条件)
健康は最小限の幸福を達成するにも不可欠。では最大限の幸福を達成するには・・?
それはやっぱり『最大限の健康』でしょう!つまり「Optimal Health」!
もっと健康に!めちゃくちゃ健康に!ということ。
これぞ、東風会の目指しているものなんです。

話が変わるがワタミの渡邉美樹さんが「がっちりマンデー」に出ていた。「ガイアの夜明け」でも見たが介護業界への参入をビジネス生命をかけてやっている。100億円という借金はワタミが過去してきた借金の総額よりも多いそうだ。それも勝算があってのこと。ここぞという時に後ろを振り返らず決断できるのがすばらしい。ワタミの食のノウハウの他に建築、人材育成のノウハウをプラスすれば介護業界の台風の目となることは容易に想像が出来る。
彼は2020年までの夢に日付が入っているそうだ。いいね〜(^^♪あとはそれを実現して行くだけだね。
私もさっそく15年間の夢に日付をつけていこう。
posted by も〜くん at 14:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

健康とは?

口腔衛生学会誌をながめていると巻頭言におもしろいことが書いてあった。

『Nordenfelt L.(1995)は人が健康であることを「当人の最重要な目標(Vital goals)を成就する能力」としています。また、人の最重要な目標とは「人の最小限の幸福(Minimal Happiness)にとって必要な状態」としています。その結果、人が健康であることはその人の最小限の幸福を実現する能力を持っていることとまで言っています。』どうも分かりにくい訳だ。
要するにこういうことだろう
健康→最重要の目標→最小限の幸福 (矢印は必要条件)
健康は最小限の幸福を達成するにも不可欠。では最大限の幸福を達成するには・・?
それはやっぱり『最大限の健康』でしょう!つまり「Optimal Health」!
もっと健康に!めちゃくちゃ健康に!ということ。
これぞ、東風会の目指しているものなんです。

話が変わるがワタミの渡邉美樹さんが「がっちりマンデー」に出ていた。「ガイアの夜明け」でも見たが介護業界への参入をビジネス生命をかけてやっている。100億円という借金はワタミが過去してきた借金の総額よりも多いそうだ。それも勝算があってのこと。ここぞという時に後ろを振り返らず決断できるのがすばらしい。ワタミの食のノウハウの他に建築、人材育成のノウハウをプラスすれば介護業界の台風の目となることは容易に想像が出来る。
彼は2020年までの夢に日付が入っているそうだ。いいね〜(^^♪あとはそれを実現して行くだけだね。
私もさっそく15年間の夢に日付をつけていこう。
posted by も〜くん at 14:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月16日

インプラントセミナー

メデントのインストラクタートレーニングコースは今日が初日。10時ぐらいに家を出て大阪へ。また新幹線で熟睡、ちょうどいい距離だ。京橋の駅から徒歩5分ぐらい。場所が分かったので近所のカフェでランチ。ピザトーストセットはちょっと物足らなかったけどあまり満腹だと眠くなるのでがまん。だって4時間で84000円ということは1時間21000円ということ。寝たらもったいないよね〜!

講師の先生は白髪で見たところ50歳ぐらい、頭が切れそうだけどちょっと冷たい感じ。会場はartistic dental clinicという歯科医院。結構おしゃれな内装。今回は遠慮したが次回は写真を撮ろう。「口腔とは」と言う話から始まり、アストラインプラントのディプロマコースが行われた。
アストラはマイクロスレッドと内部のコニカル形状により歯頚部に応力が集中せず、吸収が起きにくいとのこと。3次元有限要素法で分かってるとの事。論文があれば取り寄せてもらおう。骨を引っかいて集めるのにMXグラフターというのがあるが使い捨てなのがつらい、滅菌可能なのがあるようなので早速発注。

アストラのフィクスチャー表面にフッ化ナトリウムをつけて、アパタイトを呼び込む・・ような製品が出来ているらしい。詳細は不明だが発想はおもしろい。骨伝道能を考えるとアパタイト+チタンという組み合わせは再びこれからのトレンドになるかな。骨再生能を有する物質で無料なのが「自家骨」これはもっと有効に利用しよう。自家骨のみでメンブレンを使わないケースが多いという。これはいい。
tech_1.jpg

4時間はあっという間に過ぎた。内容を整理して次回のドクターミーティングで皆に教えてあげることにしよう。アストラを取り入れるかどうかは微妙なところ。2回法が増えてくるだろうがプラトンにもBioが出ていて試してみたいし・・・さてどうしたものか、悩むところだ。

来るときには人身事故があったらしくえらく混んでいた環状線も帰りは普通であった。さすがに新幹線は人が多く、一便遅らせてゆっくり座って帰った。
自宅で「骨吸収、応力、アストラ、ITI・・」とかで検索しまくったがあまりこれといったものにはぶつからなかった。まあ論文が来るまでゆっくり様子を見よう。

ビールで乾杯したいところだが、あいにく冷蔵庫にはなく、焼酎で乾杯して早々と就寝。
posted by も〜くん at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インプラントセミナー

メデントのインストラクタートレーニングコースは今日が初日。10時ぐらいに家を出て大阪へ。また新幹線で熟睡、ちょうどいい距離だ。京橋の駅から徒歩5分ぐらい。場所が分かったので近所のカフェでランチ。ピザトーストセットはちょっと物足らなかったけどあまり満腹だと眠くなるのでがまん。だって4時間で84000円ということは1時間21000円ということ。寝たらもったいないよね〜!

講師の先生は白髪で見たところ50歳ぐらい、頭が切れそうだけどちょっと冷たい感じ。会場はartistic dental clinicという歯科医院。結構おしゃれな内装。今回は遠慮したが次回は写真を撮ろう。「口腔とは」と言う話から始まり、アストラインプラントのディプロマコースが行われた。
アストラはマイクロスレッドと内部のコニカル形状により歯頚部に応力が集中せず、吸収が起きにくいとのこと。3次元有限要素法で分かってるとの事。論文があれば取り寄せてもらおう。骨を引っかいて集めるのにMXグラフターというのがあるが使い捨てなのがつらい、滅菌可能なのがあるようなので早速発注。

アストラのフィクスチャー表面にフッ化ナトリウムをつけて、アパタイトを呼び込む・・ような製品が出来ているらしい。詳細は不明だが発想はおもしろい。骨伝道能を考えるとアパタイト+チタンという組み合わせは再びこれからのトレンドになるかな。骨再生能を有する物質で無料なのが「自家骨」これはもっと有効に利用しよう。自家骨のみでメンブレンを使わないケースが多いという。これはいい。
tech_1.jpg

4時間はあっという間に過ぎた。内容を整理して次回のドクターミーティングで皆に教えてあげることにしよう。アストラを取り入れるかどうかは微妙なところ。2回法が増えてくるだろうがプラトンにもBioが出ていて試してみたいし・・・さてどうしたものか、悩むところだ。

来るときには人身事故があったらしくえらく混んでいた環状線も帰りは普通であった。さすがに新幹線は人が多く、一便遅らせてゆっくり座って帰った。
自宅で「骨吸収、応力、アストラ、ITI・・」とかで検索しまくったがあまりこれといったものにはぶつからなかった。まあ論文が来るまでゆっくり様子を見よう。

ビールで乾杯したいところだが、あいにく冷蔵庫にはなく、焼酎で乾杯して早々と就寝。
posted by も〜くん at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月14日

健康セミナー終了

健康セミナーが無事終了した。
準備不足は否めなかったがまあ取りあえず1回目としてはまずまずだろう。
パールのスタッフ2人、K田さんの弟さん、M本さん夫婦、元衛生士のM本さん、I崎先生夫婦、スマイルの受付をしてくれていたI藤さんが2ヶ月の子供を連れてきてくれた。あとからK西さんも2人ほど連れてこられた。ということで関係者で賑わったセミナーだった。

痛感したのはスライドの枚数は多目の方がいいということ。「しゃべりでカバー」というのはちょっと甘かった。まあ回数を重ねれば少しは時間の加減は分かってくるだろう。
次回はどんなテーマがいいかな? 成人矯正、歯周病、ホワイトニング、フッ素・・?業界関係者ではない普通の人の意見が聞きたいところだ。

パールの村上先生の用意してくれたスライドは完成度の高いものだった。あれをもう少し手直しすればさらにいいものになりそうだ。
どうか次回をお楽しみに!
IMG_3268.jpg
posted by も〜くん at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

健康セミナー終了

健康セミナーが無事終了した。
準備不足は否めなかったがまあ取りあえず1回目としてはまずまずだろう。
パールのスタッフ2人、K田さんの弟さん、M本さん夫婦、元衛生士のM本さん、I崎先生夫婦、スマイルの受付をしてくれていたI藤さんが2ヶ月の子供を連れてきてくれた。あとからK西さんも2人ほど連れてこられた。ということで関係者で賑わったセミナーだった。

痛感したのはスライドの枚数は多目の方がいいということ。「しゃべりでカバー」というのはちょっと甘かった。まあ回数を重ねれば少しは時間の加減は分かってくるだろう。
次回はどんなテーマがいいかな? 成人矯正、歯周病、ホワイトニング、フッ素・・?業界関係者ではない普通の人の意見が聞きたいところだ。

パールの村上先生の用意してくれたスライドは完成度の高いものだった。あれをもう少し手直しすればさらにいいものになりそうだ。
どうか次回をお楽しみに!
IMG_3268.jpg
posted by も〜くん at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月09日

2日続けて矯正

土曜日は高松で「山田矯正研究会」日曜日は岡山で神野先生の講演会に出てきました。

(株)横河マテリアライズが今度出した矯正にもインプラントにも使えるシュミレーションシステムはすごい、とのこと。ネットで検索したがよくわからない。顎顔面外科矯正手術シミュレーションシステムSimPlantCMFというやつだろうか。ソフトだけで300万ぐらいするらしい。
山田先生は矯正用ミニインプラントを盛んに使っておられるようでそろそろトラブル症例が出てきたようだ。主に二つで初期固定不良で脱落するケースとヘッドが歯肉に埋まってしまうケースとのこと。ちょうどこれから使ってみようと思う症例があったので参考にさせてもらおう。
先生のところに勤めていたドクターで3年ほどホワイトニング専門のクリニックに勤務した人がテトラサイクリンのひどい変色のケースでも大丈夫と豪語しているらしい。どんなやり方をするのだろう。使う器材にそれほどバリエーションがあるとも思えないが。
PICT0112+.jpg
外科矯正の術前術後です、すごいね。

神野先生のセミナーはバイオプログレッシブで私のやっているやり方と大筋はほぼ同じだったので理解しやすかった。でも会場に来ている人で本格的に矯正をやっていない人はほとんど分からなったのでは?神野先生はチンキャップの牽引力は200〜250gがよいと言っていたが、それが今のスタンダードな考え方なんだろうか?僕はずっと600gでやってきて問題はなかったが・・

実は矯正治療は先生の数だけやり方があると言ってもいいほどらしい。抜歯に関しても神野先生は70〜75%は非抜歯ということだが、うちは成人の矯正が多いのでそれは無理な数字だ。ミニインプラントを使えばかなり非抜歯でも出来そうな感じはしている。ユーティリティーアーチを6のアップライトに使っていたのは、常識なのだろうがうちではあまり使っていないテクニックだ。参考にさせてもらうことにする。

それにしても57歳を過ぎてから、アングルソサエティ*の試験にチャレンジするとはすばらしい。私もまだまだこれからだね。それにしても先生は矯正医として本当にいい時代を生きてこられた。15年後にあんなふうになっていたいものだ。「年に7〜8回はアメリカとかヨーロッパに行っています」っていいじゃない?

講演の最後に倉敷のO先生が「不正咬合の原因」について質問していたが、そんな質問にまともに答えられる人がいるだろうか?神野先生は正直に「わかりません」と答えていたが、かえって正直だなと好感が持てた。世界的な大家にでも聞いてみたらいかがでしょうか。


*アングルソサエティ−とは、アメリカで最も古い矯正学会です。
試験には、15症例の展示・論文・口答発表があり、日本での正会員は数十人しかいません。
正会員になっても、毎年2症例の発表が課せられます。
posted by も〜くん at 19:09| Comment(2) | TrackBack(2) | 矯正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2日続けて矯正

土曜日は高松で「山田矯正研究会」日曜日は岡山で神野先生の講演会に出てきました。

(株)横河マテリアライズが今度出した矯正にもインプラントにも使えるシュミレーションシステムはすごい、とのこと。ネットで検索したがよくわからない。顎顔面外科矯正手術シミュレーションシステムSimPlantCMFというやつだろうか。ソフトだけで300万ぐらいするらしい。
山田先生は矯正用ミニインプラントを盛んに使っておられるようでそろそろトラブル症例が出てきたようだ。主に二つで初期固定不良で脱落するケースとヘッドが歯肉に埋まってしまうケースとのこと。ちょうどこれから使ってみようと思う症例があったので参考にさせてもらおう。
先生のところに勤めていたドクターで3年ほどホワイトニング専門のクリニックに勤務した人がテトラサイクリンのひどい変色のケースでも大丈夫と豪語しているらしい。どんなやり方をするのだろう。使う器材にそれほどバリエーションがあるとも思えないが。
PICT0112+.jpg
外科矯正の術前術後です、すごいね。

神野先生のセミナーはバイオプログレッシブで私のやっているやり方と大筋はほぼ同じだったので理解しやすかった。でも会場に来ている人で本格的に矯正をやっていない人はほとんど分からなったのでは?神野先生はチンキャップの牽引力は200〜250gがよいと言っていたが、それが今のスタンダードな考え方なんだろうか?僕はずっと600gでやってきて問題はなかったが・・

実は矯正治療は先生の数だけやり方があると言ってもいいほどらしい。抜歯に関しても神野先生は70〜75%は非抜歯ということだが、うちは成人の矯正が多いのでそれは無理な数字だ。ミニインプラントを使えばかなり非抜歯でも出来そうな感じはしている。ユーティリティーアーチを6のアップライトに使っていたのは、常識なのだろうがうちではあまり使っていないテクニックだ。参考にさせてもらうことにする。

それにしても57歳を過ぎてから、アングルソサエティ*の試験にチャレンジするとはすばらしい。私もまだまだこれからだね。それにしても先生は矯正医として本当にいい時代を生きてこられた。15年後にあんなふうになっていたいものだ。「年に7〜8回はアメリカとかヨーロッパに行っています」っていいじゃない?

講演の最後に倉敷のO先生が「不正咬合の原因」について質問していたが、そんな質問にまともに答えられる人がいるだろうか?神野先生は正直に「わかりません」と答えていたが、かえって正直だなと好感が持てた。世界的な大家にでも聞いてみたらいかがでしょうか。


*アングルソサエティ−とは、アメリカで最も古い矯正学会です。
試験には、15症例の展示・論文・口答発表があり、日本での正会員は数十人しかいません。
正会員になっても、毎年2症例の発表が課せられます。
posted by も〜くん at 19:09| Comment(2) | TrackBack(2) | 矯正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月02日

実体顕微鏡

実体顕微鏡について調べてみた

・American Association of Endodontics(AAE)の米国の会員に質問状況について質問表を送付した。
・3356人中2061人が回答した。
・52%が顕微鏡を使用していると回答した。
・専門医教育を終了して5年以内の会員は71%、6年から10年の会員は51%、10年以上の会員は44%が使用していた。
・使用頻度の高い処置は、破折器具の除去、根尖部形成、逆根充であった。
・資料者の36%は、購入以前に思っていたより使用頻度は少ないと回答した。
・その理由は、位置決めの難しさ、使用の不便さ、治療時間の延長、観察部位の狭さなどであった。

歯内療法専門医Stropkoは8年半にわたる記録で上顎第一大臼歯に通算で73.2%に4根管を認め、最後の1年は93%に認めたそうだ。
これは私たちの臨床的な感覚とはかなりずれがある。93%ということはほとんど4根管である、ということではないか。参ったね〜こりゃ、使うしかないね。
microscope.jpg
posted by も〜くん at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | エンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

実体顕微鏡

実体顕微鏡について調べてみた

・American Association of Endodontics(AAE)の米国の会員に質問状況について質問表を送付した。
・3356人中2061人が回答した。
・52%が顕微鏡を使用していると回答した。
・専門医教育を終了して5年以内の会員は71%、6年から10年の会員は51%、10年以上の会員は44%が使用していた。
・使用頻度の高い処置は、破折器具の除去、根尖部形成、逆根充であった。
・資料者の36%は、購入以前に思っていたより使用頻度は少ないと回答した。
・その理由は、位置決めの難しさ、使用の不便さ、治療時間の延長、観察部位の狭さなどであった。

歯内療法専門医Stropkoは8年半にわたる記録で上顎第一大臼歯に通算で73.2%に4根管を認め、最後の1年は93%に認めたそうだ。
これは私たちの臨床的な感覚とはかなりずれがある。93%ということはほとんど4根管である、ということではないか。参ったね〜こりゃ、使うしかないね。
microscope.jpg
posted by も〜くん at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | エンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。