2006年03月28日

歯科学研究会インプラント部会

週末は大阪で日曜は早朝から新幹線へ飛び乗って東京へ。

東京国際フォーラムは初めて来るがとてもきれいな建物ですね。しかも広い。今回「歯科学研究会インプラント部門」の第一回学会ということ。会場に入るといきなりコンサートが始まっていました。

どこかで見た顔だなと思ったらOksana Stepanyukさん。以前NHKのロシア語会話にも出ていました。その時はバンドゥーラという民族楽器を演奏していたような気がします。今回は目の覚めるような赤いドレスで見事なソプラノを披露していました。

まだ行ったことがないのですが、ヨーロッパの学会ってこんな感じなんでしょうか?ここのメンバーは年に2回ぐらいは海外の学会に行くという方が多いようで、伊藤先生もそういうイメージで学会を主宰されているのでしょう。

愛知県のT先生に再会。彼はついに保険診療が売上の5%以下になって、そろそろ保険医を辞退しようかとのこと。本当に同じ商売とは思えないほどの振幅があり、実におもしろいです。

講演の中ではSinus impuctionの術式に注目が集まっていました。ただロビーでいろいろな先生に話を聞いてみると人によってやはり考え方は大分違うみたいでまだこれといって定まったものはないようです。

大阪のN先生やO先生も来られていました。メデントで一緒にセミナーを受けたメンバーです。コムネットのAくんも取材ということでずっと会場にいたようです。時間があったらAくんやNくんとも話したかったのですが、今回はびっしりスケジュール詰まっていたのでまたの機会ということで。

懇親会はまたOksanaさんの歌から始まりました。いろいろな人を紹介してもらってこれからが楽しみです。Oksanaさんとも少しロシア語で話ができました。といっても挨拶程度ですけど・・・。
posted by も〜くん at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。