2006年01月23日

今年もツイてる餅つき大会

1月19日

看板

第3回カムカムフェスタ「今年もツイてる餅つき大会」いよいよ当日。白状すると何しろこの年まで杵で餅をついたことがない。どうやって餅ができあがるのか興味しんしん。

豚汁

フェスタは午後2時からだがスタッフは朝9時に集合。各パートに分かれて準備に取り掛かる。守屋のスタッフは「豚汁」。みんなエプロンを着て甲斐甲斐しく働いている。人数が把握できないということでかなりの量に作ってくれた。量が多いと味付けが難しいが本当に「いい味」を出していた。

男性陣は餅つき隊。じむちょが取り仕切ってくれるので安心。借りてきた大きな蒸し器でもち米を蒸していく。蒸しあがったもち米を食べてみた。
「おいしい!!」
もち米っておいしいんだ〜

餅つき

石臼をお湯で温め、蒸しあがったもち米を入れてこねる。しっかりとこねたら大小2つの杵でついていく。しっかり握らないと杵がぶれるのでしばらくつくとすごく手が疲れる。何回かついていくうちに力の抜き方もわかってくる。

餅つき

子供たちが餅をついている姿は本当にかわいい。子供用に用意した小さな杵でもまだ重く、お母さんの手助けが必要な子が多かった。でも自分でついた餅をすぐに食べることが出来るのは楽しいはず。

まるめる

こねこね

ついた餅は手早くちぎっていく。Mさん後半はほとんど一人でやっていたみたいで本当にご苦労さん。子供たちは大喜びで粉まみれでまるめていた。つきたての餅は本当においしくて、砂糖醤油、きな粉、のり、チーズ、納豆、大根おろしといろいろな食べ方ができるので食べ過ぎた人も多いのでは?

たこ焼き職人

たこ焼きコーナーではI先生、T先生が関西たこ焼き職人コンビとして大活躍。M先生はT先生のパシリとしてあごで使われていてかわいそうだった。
今年もたこ焼きはばっちりの出来栄え。ただたまにたこの入っていないアンラッキーなたこ焼きもあったようだが・・

たこ焼きうま〜

ぜんざいコーナーは豆からじっくりと煮上げて虫歯にならない代用糖を使ったもので、程よい甘さは絶品。しかもつきたての餅が入っているんだよ〜。

ゲーム

今回は「食育」ということで野菜を触って当てるゲームやにおいで食材を当てるゲームもあり、横で見ていると子供の嗅覚の鋭さには驚いた。相談コーナーではかなりの人が子供の歯の相談をしていたみたい。

バルーン

バルーンアートは相変わらずの大人気。パール歯科のスタッフは特訓しているのでなんでもさくさくと作っていく。このバルーンで作った剣でSじむちょは子供たちに切られまくっていた。

バルーン剣士

今回はケーブルテレビの取材も入りちゃんと放送されたみたい。私は見てないんだけどどうだったんでしょうか?

健康相談

平日の昼間の2時〜5時という時間にも関わらず多くの子供たちが楽しんでくれたのは本当に見ていて楽しかった。それぞれのブースの完成度はかけた期間が短いのにとても高いもので、スタッフみんなの集中力とアイデアのすごさに感動した。

楽しかったね、お疲れさん!

※このあと8時過ぎまでKさんとじむちょと打ち合わせ。それから11時まで別のミーティングがあって・・ほどよく疲れました。(^_^;)

よかったらこちらをプチッと押してみてね。banner_02.gif
posted by も〜くん at 16:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

賢い女子中高生のための素敵な食育
Excerpt: 恋愛指南書ではなく食育のための本です。しかし、食育の根本にあり重要なことは、人・社会・生き物・大自然・地球に対する真摯な理解と愛ではないでしょうか。
Weblog: 食育関連書籍
Tracked: 2006-01-28 15:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。